家作りの第一歩はココから!

木の家を建てるにあたって

「木は二度生きる」と言う言葉をご存知でしょうか。最初に木は樹木として生きています。そして、伐採された後に木材となって家などの構造材として再び生きていきます。木は実際に伐採直後よりも300年後の方が、強度が増して鉄やコンクリートなどと比べても優れた耐久性を持っています。

 

木には力があります。その色や感触、香りなど人を優しく包み込み癒してくれます。また、木は光の反射具合も人の目に優しく作用する為、目が疲れにくいと言われています。その上、音の反響を防ぐ力もあるので耳にも優しいとされています。

 

木の力はこれだけではありません。床材として使用した際の木は、歩く時の衝撃を柔らかく受け止めて足や膝に負担が掛ることを防ぎ、断熱の効果もあるため、疲れにくいということが科学的に証明されています。木には人に安らぎを与える力があります。木の家の人気が近年高いのはこのような理由からです。

 

その木の中でも最も人気の高いヒノキは、殺菌効果のある成分ヒノキチオールが含まれていることから、ダニや害虫の繁殖を抑える働きがあります。またヒノキ以外の木にもフィトンチッドという香りを発生する成分が含まれていることから、大脳の働きを活発にするという作用があることがわかっています。このように木の家には、心も身体も癒されて、まるで森林浴を行っているような効果が期待できると言います。

 

木は、鉄やコンクリートと比較しても熱の伝わり方が大幅に低く、断熱性に優れた効果を現します。さらに木は建材に使われてからも呼吸をし続けています。湿度の高い日には湿気を吸収し、乾燥が酷い日には湿気を放出します。これが、木が天然のエアコンと言われる所以なのです。

 

また、木は火に弱く火事になりやすいと思われがちですが、木はその厚みによっては、表面に炭化層ができて中央部まで燃えつきるのに時間がかかります。このため、木を柱や梁などに使用して、下地や壁を燃えにくい材質で覆うことで非常に耐火性に優れた家を作ることができるのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市