プロ家庭教師の指導料金相場は、派遣業者によってまちまちです。
かなりの開きがありますが、高くても低くても、家庭教師が受け取る金額は同じようなものですし、高額な支払いをした家庭にも、低料金を希望した家庭にも、同じ家庭教師が派遣されます。
登録している家庭教師に、ちょうど空きがあったかどうかだけで派遣先は決まりますので、高い料金を支払ったからといって質の高い家庭教師が派遣されるということではまったくありません。
依頼する家庭があったら、すぐにでも派遣したいわけですので、登録者の空き探し、派遣家庭との地理的な近さなどがすべてと言えます。
そのため、むやみに高い料金を支払うより、低料金で何度も家庭教師交代が可能なところを選び、子どもにぴったりの家庭教師を選んでいくことが大事です。
1時間1万円を支払ったとしても、家庭教師に渡るのは、3分の1かもしれませんし、4分の1ということもあり得ます。
ひとりのプロ家庭教師が、1時間1万円を支払っている家庭にも、1時間3千円を支払っている家庭にも、同時に派遣されているというのはごく普通のことです。
家庭がいくら支払っているかということは、もちろん家庭教師には知らされません。
知ることも可能ですが、金額を知ったからと言って、高い料金を支払っている家庭と、そうでない家庭に違った感情を持つことはありません。
自分が受け取っている金額は、似たようなものなのですから。
プロ家庭教師の指導料金は、現在はインターネットで容易に調べ、比較することができます。
その中で、最も低い料金設定にしている派遣業者を使うと、一番費用対効果が高いでしょう。
支払い方法も、一括前払いのところは避けたほうが無難です。
良心的なところほど、毎月受けた授業分だけを後払いするシステムにしています。
プロ家庭教師の質は、とりあえずは出身大学で判断されるとよろしいでしょう。
大学の偏差値は変わりやすいので、当時の偏差値を調べることが大事です。
安易に現在の偏差値で判断してはなりません。
当時の偏差値を知るのはたいへんですが、我が子の教育に関わることですから、できる限りの手は尽くしましょう。
AO入試や帰国子女枠で入ったかどうかも確認しておきましょう。
子どもに学力をつけたいのであれば、一般入試で大学に入った家庭教師を選ぶべきです。
子どもにどのような力をつけさせたいのかを考えれば、入学方法に選択の余地はありません。
現役かどうかを問題にするかは価値観によるでしょう。