プロ家庭教師の制度には多様性があるが

プロ家庭教師の制度は一律ではなく、多様性があります。
大きな広告を出しているところもあれば、必要最小限の宣伝にとどめているところと様々であります。
その中には授業料の支払いを後払いにしているところや前払いにしているところ、一括ローン契約を求めるところなど、支払い方法も様々です。
ただ、共通しているのは、クーリングオフの対象になるということです。
2か月を超える契約で、5万円を超える支払いをしたものであれば、契約から8日までは無手数料で解約できます。
8日以降も、法律で定められた範囲の解約金さえ支払えば、いつでもやめられます。
解約金は、授業を始める前なら2万円が上限です。
初回授業が終わった後でも、5万円が上限ですから、そう高額な解約金を支払う必要もなく、解約できる制度となっています。
業界の自主規制などではなく、法律で決まっていることです。
契約の際にはそうした法律や、解約金に関することが記載された書面が渡されることになっていますので、決める際には必ず確認をしてからにしましょう。
これはプロの家庭教師であっても、学生の家庭教師であっても、同じように派遣業者に課されていることです。
プロの家庭教師の口コミなどを参考にして個人的に依頼する際は、毎回授業が終わるたびに支払いをするのが一般的です。
前払いもなく、後払いにもならず、ということで、保護者側にも家庭教師側にも不都合はなく、本来は一番いい方法でしょう。
それがなぜ一括前払いやローン契約になるのか、ということを考えてみることです。
そうした勧誘をされる場合は、他の派遣業者を検討してみてもいいでしょう。
いつでも解約はでき、それは法律で保証されているわけですが、それでも、家庭教師の交代は楽にできても、業者自体を変えるのは億劫なことでしょう。
顧客を囲い込もうとする姿勢が強い派遣業者については、慎重に検討することが大事です。
質の良いプロ家庭教師に出会えるかどうかは、運としか言いようがありません。
しかし、授業料や支払い方法などの制度ははっきりと確かめてから選択できます。
選択する時点で、すでに明らかになっていることです。
妥協せず、流されず、十分に比較検討してから選ぶようにしてください。
教育産業だからと言って、特殊な環境でもなんでもありません。
健康食品やフィットネスクラブなどとまったく同じ基準で選ぶことです。
高額な料金の一括前払いが必要な場合、どうするかです。
プロ家庭教師は数多くの派遣業者に同時に登録していて、受け取る金額はどこも同じようなものとなっています。